学生に「考えてきたか?」と尋ねると、「考えましたが、ちょっと良い案を思いつかなくて」と言う。「じゃあ、悪い案を幾つか見せなさい」と言うと、きょとんとした顔で、「いえ、悪い案も思いついていません」と言う。「考えましたが、まだ、ちょっとまとまらなくて」と言うから、「では、まとまらないものを見せて下さい」と言っても、たいてい見せてもらえない。
 こういうのは、僕の場合「考えた」とはいわないのである。
 「いろいろ考えてはいるんですけどね」と言い訳する人には、その「いろいろ考えたものを見せてくれ」と頼む。ところが、たいていは、せいぜいあっても1つしか案がない。1つの案しかないのに「いろいろ」なんて言うなよ、と思う。1つでは選べない。これでは何を考えていたのか、問いたくなる。

MORI LOG ACADEMY: 本当に考えたの? (via jinon)
2007-12-19 (via gkojay) (via tobyluigi) (via error888) (via shinoddddd) (via nemoi) (via mnak) (via ipodstyle) (via yaruo, mayunezu) (via motomocomo) (via yellowblog) (via z24da)

イーこと聞いた。確かにな。

To Tumblr, Love Pixel Union